【第71回】診断書の修正に応じない医師

障害年金の診断書作成をお願いしますと、日常生活の実態を適切に表していないと感じる部分があります。

審査機関での審査に影響を及ぼさない内容であれば修正は求めませんが、審査の結果に重大な影響を与える可能性があると判断すればそのようなわけにはいきません。

当然医師に診断書の修正ができないかお願いするのですが、にべもなく拒否されることが圧倒的に多いです。

こちら側から決して無理なお願いをしているつもりはありません。

作成された診断書の内容から判断して、修正を求めているにすぎないのですが・・・

今後の診察に支障が出てはいけませんのでこちら側が引くことになるのですが、納得いかないとの思いを抱えることも珍しくありません。

日常生活の実態をありのままに記入してほしいだけなのですが・・・

目次
閉じる